........................
 7月14日 Jam Session 2013.7.15
皆様暑い日々を如何お過ごしでしょうか。

アフロブルーの藤本直子さんのご好意で、又アフロブルーでのサンデイセッションを続けていける事になりました。

7月14日のセッションの感想です。
来られた演奏者の人達はほんの数ヶ月前に比べて皆凄く上手くなられていて驚く程です。続けて来られるとこんなに違うのかと思います。なるべく続けて来てください。本当に違いが解ります。

Saxの中田博さん、ドラムの中山浩一さん、今回はベースの藤木雅貴さん、海江田榮史さん。熊本で一生懸命に上手くなろうと頑張っている将来のgreat Musiciansの為に手伝ってくださって有難うございます。

全部で11曲やれました。
Flute: 三島秀成さん (Night in Tunisia, Jordu)
Steel Drum: Keron La Coroixさん (Night in Tunisia, Watermelon Man )
Piano: 林隆行さん (All the Things You Are, Just Squeeze Me, Jordu)
Alto sax、Clarinet, Vocals: 福馬則幸さん (Summer Time a.sax,
On the Sunny Side of the Street, clarinet)
Vocals; 平山優 (So Many Stars, Someone to Watch Over Me)
Vocals: 松本理恵 (Quisas Quisas, Just Squeeze Me)

Alto Sax, MC 中田博さん
Bass: 藤木雅貴さん
Bass: 海江田榮史さん
Drums 中山浩一さん
Piano: Nobuko Utterback

皆で混じって11曲演奏できました。


他に見学の人が5人来られました。

来月は8月11日 1PM です。一回でも多く演奏すると其れだけ早く上手くなりますよ。



Nobuko Utterback


 8月24日 Nobuko Utterback Trio2013.6.17
当店でも活躍中のピアニスト、Nobuko Utterbackと競演!

8月24日土曜日にアフロ・ブルーにてスペシャルライブを企画しました。
詳細は近日お知らせいたします。

吉峯勇二郎 bass
1983年生まれ。15歳でエレクトリックベースで音楽活動を始める。高校卒業後ジャズを始め、2003年、University of North Texas にjazz performance 専攻で留学。Lynn Seaton氏に師事する。2009年同校卒業。 テキサスでの留学中にBernard Wright (Miles Davis Group, RH factor, Marcus Miller Group ), Bobby Sparks (RH factor, Marcus Miller Group), Shelly Carrol (Duke Ellington Orchestra) など、多くのミュージシャンと共演する。テキサスでのジャズ、ロック、ゴスペル、TOP40 バンドなどジャンルにとらわれない精力的な演奏活動の後、2009年夏に活動の拠点をニュー ヨークへ移し、数多くのライブ、セッション等に参加。2011年に帰国し、現在は東京を拠点に活動している。

香月宏文 drums
2001年ボストンのバークリー音楽大学に奨学生として入学。2004年卒業後、ニューヨークで活動を展開する。2005年帰国と同時に、現在Lee Konitzカルテットで活躍中のピアニスト Dan Tepfer Trio で日本ツアーに参加。2006年日本ジャズ界の巨匠、辛島文雄(ピアノ)氏との出会いをきっかけに東京に活動拠点を移し辛島文雄トリオのメンバーとして都内で活動を開始する。2007年には33年の歴史を持つ、UMKフェニックス Jam Night に出演。2010年地元宮崎にドラムスクールを開講。2011年現在は宮崎に拠点を移し、九州全域、関東でもライブ活動を続けている。

 Nobuko Utterbackよりお知らせです2013.6.11
こんにちわ。

アフロブルーのセッションに来られた皆さん、お元気でしょうか。

先月5月12日のセッションで
アフロブルーの改造などで、これから先はセッションを続けられるかどうか解らないと申しました、が、又来月7月14日から続けられる事になりました。

せっかく今まで続けていたのに演奏する場所が無くなるのは忍びないと、オーナーの藤本直子さんのご好意で続けさせて頂く事になりました。

是非来て下さい。色んなミウジシャンと演奏してください。楽しんでください。

毎月、第2日曜日の13:00からです。次回は7月14日です。

ノブコ・ウターバック


 熊本全日空ホテルニュースカイ ラウンジ Felice 7月2013.6.8
当店では、熊本全日空ホテルニュースカイ ラウンジ Felice のライブをプロデュースしております。
詳細はこちらをご覧ください。

http://www.anahotel-kumamoto.com/restaurant/felice/live.php

毎週金曜日

7月5日
Piano=Dr.Michael Holmes
Bass=明日正就
Vocal=M's Angels


7月12日
Piano =Nobuko Uttereback
Bass=荒木卓也
Vocal=福馬則幸


7月19日
Piano=Dr.Michael Holmes
Vocal=M's Angels


7月26日
Piano =Nobuko Uttereback
Bass=明日正就
Vocal=狩場マサヒロ

 afro blue Jam Sessionのご案内2013.6.8
6月はお店の改装のためお休みさせていただきましたが、7月から再び再開いたします。
毎月第2日曜日です。


小学生・中学生からプロのミュージシャンまでみんなでまぜまぜに楽しい雰囲気でやってます。楽器をする人にとっては普段はなかなか一緒に演奏することのできないプロのミュージシャンとのセッションができるのでとてもよい勉強になると思います。
リスナーとしての参加も大歓迎です。みなさん,是非遊びにきてくださいね。

共演者:Piano=Nobuko Utterback, Sax=中田博, Bass=藤木雅貴, Drums=中山浩一
プロのミュージシャンも是非遊びに来てください。

■開催日:2013年7月14日,日曜日
■開催場所:当店
■時間:午後1時〜午後3時ぐらいまで
■参加料:500円
■その他:セッションに参加する方はチャレンジしたい曲の譜面を3部ほど準備してきてくださると助かります。

 2013年6月全日空ホテルニュースカイ Felice ライブ2013.6.8
当店では、熊本全日空ホテルニュースカイ ラウンジ Felice のライブをプロデュースしております。
先月も沢山のお客様にお越しいただき、盛り上がってよかったです。
どうぞお気軽に聴きにいらしてください。
女性お一人でも大丈夫です。


詳細はこちらをご覧ください。

http://www.anahotel-kumamoto.com/restaurant/felice/live.php


毎週金曜日

6月7日
Piano=Dr.Michael Holmes
Bass=明日正就
Vocal=M's Angels


6月14日
Piano =Nobuko Uttereback
Bass=荒木卓也
Vocal=福馬則幸


6月21日
Piano=Dr.Michael Holmes
Vocal=M's Angels


6月28日
Piano =Nobuko Uttereback
Bass=明日正就
Vocal=野中亜由三


 2013年5月全日空ホテルニュースカイ Felice ライブ2013.4.7
当店では、熊本全日空ホテルニュースカイ ラウンジ Felice のライブをプロデュースしております。
詳細はこちらをご覧ください。

http://www.anahotel-kumamoto.com/restaurant/felice/live.php


毎週金曜日

5月3日
Piano=Dr.Michael Holmes
Bass=明日正就
Vocal=M's Angels


5月10日
Piano =Nobuko Uttereback
Bass=荒木卓也
Vocal=福馬則幸


5月17日
Piano=Dr.Michael Holmes
Vocal=M's Angels


5月24日
Piano =Nobuko Uttereback
Bass=明日正就
Vocal=野中亜由三


5月31日
Piano =豊田隆博
Vocal=狩場マサヒロ

 2013年4月全日空ホテルニュースカイ Felice ライブ2013.3.15
当店では、熊本全日空ホテルニュースカイ ラウンジ Felice のライブをプロデュースしております。
詳細はこちらをご覧ください。

http://www.anahotel-kumamoto.com/restaurant/felice/live.php

4月5日
piano= Nobuko Utterback
vocal= M's Angels


4月12日
piano= Nobuko Utterback
bass= 明日 正就
vocal= 福馬 則幸


4月19日
piano= Dr.Michael Holmes
vocal= M's Angels


4月26日
piano= Nobuko Utterback
bass= 明日 正就
vocal= 狩場 マサヒロ

 サンデーセッションのレポートです2012.10.9
サンデーセッションのレポートです。

8月はアメリカに行っていましたので、レポートを書く暇がありませんでしたので8月12日と9月9日の両方をレポートします。
8月12日はアフロブルーで出来なくて藤本直子さんがTwo Five クラブを借りて下さいました。

鹿児島から松本圭使(ピアノ)トリオ が寄ってくださって小牧良平(ベース)福森康(ドラム)で2曲演奏して下さいました。
Speak Low (Kurt Weill) と My Romance (Richard Rogers) 
こんな素晴らしいトリオを聞けて皆感動したと思います。

野村綾 (ピアノ)が同じベースとドラムと演奏させてもらって、勉強になったと思います。曲はIsrael (John Carisi)

この後はハウスメンバーの中田博、Nobuko Utterback, 明日正就,中山浩一 が 入れ替わりして、一緒に演奏しました。

塚原愛 (Trumpet) 初めてジョイン All of Me (Simons & Marks)

斎藤剛 (ピアノ) 初めてジョイン Everything Happen to Me (Tom Adair)

外村嘉郎 (Percussion) 初めてジョイン Just Friend (Klemmer) をラテンで。

小山哲夫 (Trumpet & vocals)Red Roses for a Blue Lady (Sid Tepper)

土井綾子 (ピアノ) 松崎星じ(drs)In A Sntimental Mood (Duke Ellington)

川上博 (ギター)野村綾 (ピアノ)松崎星じ(drs)The Days of Wine and Roses (Henry Mancjni)

松崎遼佳 (alt sax) Wave (Jobin)

野中亜由三 (Vocals) Orange Colored Sky (Not King Cole)

小山哲夫 (Vocals) Danny Boy (Irish song)

渡辺亮 (ピアノ) 斎藤剛(drs)Autumn Leaves (Johnny Mercwe)

松崎遼佳 (alt sax) 斎藤剛(ピアノ) Billie’s Bounce (Charlie Parker)

以上、Two Five からでした。

************

9月9日 アフロブルーからです。

今回のハウスバンドのベースは平田慎司さんです。


House Band で Jordu (Duke Jordan)

江上由希子 (Vocals) Summertime (Gershwin)

三島秀成 (Flute) 斎藤剛(ピアノ) Satin Doll (Duke Ellington)

島田賢宏(ギター)斎藤剛(ピアノ) 有田正博 (drs) No More Bluse (Jobin)

島田賢宏(ギター,Vocals) 中田博 (T.sax) Duo Corcovado (Jobin)  

橋本裕二 (T.sax) 松崎星じ(drs) Moanin’ (Bobby Timmons)

F Blues 高津 (drs)

塚原愛(Trumpet) 斎藤剛(ピアノ)有田正博 (drs) But Not for Me (Gershwin)

野村綾 (ピアノトリオ)On Green Dolphin Street (Kaper)

山本真美 (Vocals)I cried for You (Gus Arnheim 1923)

野村綾 (ピアノ) 橋本裕二 (T.sax) There Will Never be Another You (Warren)
牧山羽留奈 (bass) 斎藤剛(ピアノ)橋本裕二 (T.sax) Summertime (Gershwin)

島田賢宏(ギター,Vocals) 中田博 (T.sax) Duo Garota de Ipanema (Jobin)

全員で Straight, No Chaser (T. Monk)

今回は皆さんとても良かったです。

Nobuko

 20年目のありがとう2012.9.16
【はじめに】

店主:藤本直子

支えてくれた人:7月9日生まれ(女性)

支えてくれた人:5月28日生まれ(男性)


この場に書ききれないたくさんの人たち‥

そして、素晴らしい演奏でアフロ・ブルーを彩ってくれたアーティストの方々。


●1992年9月3日

『アフロ・ブルー』オープン予定

台風のため断念‥

スタッフさえ避難したアフロ・ブルーに何名ものお客様がいらしてくださいました。

来ていただいた方、あのときはごめんなさいね。

●1992年9月4日

ジャズクラブ
『アフロ・ブルー』
オープン


私、妹ゆかり、その友人ひろき、そして夫の4人からのスタート。

当時を知るお客様、覚えてらっしゃいますか??

‥‥‥‥

最初は
「ライブのジャズが聴けるお店」

そんな空間から始まりました。


マスターが手作りのピザを振る舞っていた時期もありました。


長い時を経て、今ではたくさんのスタッフと共にお客様をおもてなしできるようになりました。


お客様に「育てていただいた」おかげと、心から感謝しております。

‥‥‥‥


早いもので、今月アフロ・ブルーは20周年を迎えました。

ますます皆様に可愛がっていただける存在になるよう日々誠実に過ごして参ります。


アフロ・ブルーは、お客様にとってもスタッフにとっても、いつでも戻って来れる「お帰りなさい」の場所です。

‥‥‥‥


アフロ・ブルー:20歳


皆様と共に素敵に年を重ねて参りたいと思います。

いつもありがとうございます。



藤本直子


P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8
[編集]
CGI-design