.........................
 joan presents DREAM COLLABORATION LIVE2017.1.16


joan presents
DREAM COLLABORATION LIVE
松本 圭使duo with 石川 直

ピアノ:松本 圭使
ベース:坂元 陽太
パーカッション:石川 直(special guest)★Profile

あのblast!に出演のパーカッショニスト石川直氏とアフロブルーではお馴染みの松本圭使duoによる夢の共演。
jazzナンバーの他、石川直によるルーディメンタルドラミングの凄さをお楽しみください。

 松本圭使トリオ2014.1.21
松本圭使-Piano
1984年、鹿児島県出身。 幼少よりピアノを始める。高校時代からバンド活動を開始。17歳でビルエバンスのピアノトリオを聞き衝撃を受けジャズに転向。田島良一氏に師事し、18歳から鹿児島のジャズクラブ、ライブハウスを中心にセミプロ活動を開始。その後ニューヨークへ渡り、Joel Weiskopf氏に師事。現在は、Jazz spot Lileth、music&cafe明日の地図でのレギュラー出演の他、自己のリーダートリオ、「松本圭使TRIO」をはじめ、「W-Piano」「小牧良平TRIO」「宮里陽太QUARTET」等、様々なグループで、鹿児島を拠点に九州各地や都内のライブハウス、イベントに出演している。2009年6月 W-piano 1st ALBUM CD「W-piano」をリリース。2010年2月 松本圭使TRIO 1st ALBUM CD「The Other Side Of It」をリリース。また、多田誠司 as、布川俊樹 gt、浜崎航 ts、坂本竜太 ba、荻原亮 gt、井上銘 gt、を始め、数多くの日本を代表するアーティストとも共演し、高い評価を得ている。

坂本陽太 bass

福森康 - DRUMS
1985年生まれ 鹿児島県出身。
15歳でドラムを始め、YAMAHA PMSにて大久保重樹氏に師事。
高卒在学中、Tony Williams、Jack Dejohnette、Brian Bladeのドラミングに魅了されJazzの道に進もうと決意。
19歳で上京し、上京後、都内のジャズクラブやセッションに参加。
現在は、TOKUのレギュラーメンバーを始め、都内を中心にJazzだけにとどまらない幅広い年代のミュージシャンとライブ活動、レコーディングなどに参加。
若さ溢れるパワーと、繊細さを併せ持つ希有なドラマーとして定評がある。

 スガダイロー2013.10.6
深秋夜に贈る 灼熱のジャズ!
***もう秋じゃない!と指摘も受けましたが(-.-)***

スタイリッシュで洗練された格好いいライブは多々あれど、
(そんなライブも勿論 好きだけど…)
静と動 美と破壊が共存し、息を飲む程の真剣勝負なライブは 滅多にありません。

しかもMCノイズ中村の お笑いオマケ付き!
ぜひ皆様、体感してみて下さい。



【スガダイロートリオ】
ピアノ>スガダイロー
ベース>東保 光
ドラム>服部マサツグ

日付>2013年11月30日(土)
開場>18:00
開演>19:00

場所>アフロブルー
熊本市中央区新市街1-8 K-LINEビル2F
0963266565

チケット>3,800円
ペアチケット>7,000円
ドリンク別(ご入場時)

お問い合わせ、ご予約、チケット取扱所
[ NANDIE ] 0963550173/09038822823
熊本市中央区下通1-4-1城見ビル3F
[ AFRO BLUE ] 0963266565

☆ご希望の方はチケットご購入の際に席の ご予約を承ります♪
(但しアフロブルーでの ご購入は後日 ご連絡申し上げます)

【2012年 熊本ライブ&打ち上げ】
https://www.youtube.com/watch?v=Vb5oEgvIKTM&feature=youtube_gdata_player

【オフ日ナンディにて】
https://www.youtube.com/watch?v=AIjHVT0A8wQ&feature=youtube_gdata_player

【最近のライブ】
https://www.youtube.com/watch?v=-HnOidhq3c8&feature=youtube_gdata_player

 松本圭使Trio 2013 9/14sat 18:30〜2013.9.7
松本圭使-Piano
1984年、鹿児島県出身。 幼少よりピアノを始める。高校時代からバンド活動を開始。17歳でビルエバンスのピアノトリオを聞き衝撃を受けジャズに転向。田島良一氏に師事し、18歳から鹿児島のジャズクラブ、ライブハウスを中心にセミプロ活動を開始。その後ニューヨークへ渡り、Joel Weiskopf氏に師事。現在は、Jazz spot Lileth、music&cafe明日の地図でのレギュラー出演の他、自己のリーダートリオ、「松本圭使TRIO」をはじめ、「W-Piano」「小牧良平TRIO」「宮里陽太QUARTET」等、様々なグループで、鹿児島を拠点に九州各地や都内のライブハウス、イベントに出演している。2009年6月 W-piano 1st ALBUM CD「W-piano」をリリース。2010年2月 松本圭使TRIO 1st ALBUM CD「The Other Side Of It」をリリース。また、多田誠司 as、布川俊樹 gt、浜崎航 ts、坂本竜太 ba、荻原亮 gt、井上銘 gt、を始め、数多くの日本を代表するアーティストとも共演し、高い評価を得ている。


吉峯勇二郎 bass
1983年生まれ。15歳でエレクトリックベースで音楽活動を始める。高校卒業後ジャズを始め、2003年、University of North Texas にjazz performance 専攻で留学。Lynn Seaton氏に師事する。2009年同校卒業。 テキサスでの留学中にBernard Wright (Miles Davis Group, RH factor, Marcus Miller Group ), Bobby Sparks (RH factor, Marcus Miller Group), Shelly Carrol (Duke Ellington Orchestra) など、多くのミュージシャンと共演する。テキサスでのジャズ、ロック、ゴスペル、TOP40 バンドなどジャンルにとらわれない精力的な演奏活動の後、2009年夏に活動の拠点をニュー ヨークへ移し、数多くのライブ、セッション等に参加。2011年に帰国し、現在は東京を拠点に活動している。


福森康 - DRUMS
1985年生まれ 鹿児島県出身。
15歳でドラムを始め、YAMAHA PMSにて大久保重樹氏に師事。
高卒在学中、Tony Williams、Jack Dejohnette、Brian Bladeのドラミング
に魅了されJazzの道に進もうと決意。
九州のミュージシャンとのライブ活動やレコーディングに参加。
19歳で上京し、上京後、都内のジャズクラブやセッションに参加。
現在は、TOKUのレギュラーメンバーを始め、都内を中心にJazzだけに
とどまらない幅広い年代のミュージシャンとライブ活動、レコーディング
などに参加。
若さ溢れるパワーと、繊細さを併せ持つ希有なドラマーとして定評がある。

 矢賀部竜成ライブ 2013年2月26日 TUE2012.10.26
矢賀部 竜成

1986年ヤマハ主催ポピュラーソングコンテスト通称「ポプコン」で小森田実&ALPHAのキーボードとしてグランプリ受賞。上京して音楽活動、その後 Chage and Aska、中島みゆき、徳永英明、Multimaxなどのツアー、レコーディングに参加。同時にアレンジャー、作曲家、音楽プロデューサーとしても活動開始。ライブは1000本を越える。
C&A、 ASKAソロのコンサートに関しては、オープニング、エンディングムービー用音楽(DVD用)を作曲(「THE LIVE」,「TWO FIVE」,「熱風」,「W」,「昭和が見ていたクリスマス」 etc)
1993年日本ゴールド ディスク大賞「インスト部門」受賞。
1998年、突然「田舎で曲作りをしたい」衝動に駆られ、ふるさと熊本に戻る。2005年6月「Radio Emission」という曲のためにALEXを結成。なんとなく国籍不明なそれでいて日本人独特の浪花節を持ち、クラシックの要素を取り入れ、不思議なfeel系Houseユニット、ジャンルに分けるとしたら「Electric Classical Feel」。
『ALEX』の 命名は、ASKA。
2005年愛地球博JAXA(宇宙航空研究開発)主催「JAXA宇宙の音楽キャンペーン」にてグランプリを獲得。(JAXAのイメージソングとなる)

○2007年7月コロムビアミュージックより「夜空から降る音」3部作アルバム発売。
○2008年4月コロムビアミュージックより熊本城築城400年記念アルバム「待宵」発売。
○2009年7月コロムビアミュージックより「ピーターラビット」歌:井上あずみ 
公式イメージアルバム発売。(2009年冬季ケンタッキーフライドチキンCM曲)
○ 2009年8月ロアッソ熊本イメージソング「HIKARI」歌:水前寺清子Music.jpより配信。

2008年5月 「熊本城築城400年祭グランドフィナーレ音楽祭」 音楽総監督兼出演
2008年6月 韓国「蔚山熊本虹の架け橋コンサート」 音楽総監督兼出演

バックボーンミュージック:ウィグアム(フィンランド)、アフロディティスチャイルド(ギリシャ)フォーカス(オランダ)etc北欧のPops,Rock全般、小さい秋見つけた、月の砂漠、ジャングル大帝、ひょっこりひょうたん島、熊本童謡/民謡etc

 和田 明 Vocal 9/15(afro) & 9/16 (Sazae)2012.9.6
期待の新人、和田明君が出演します。
9/15 Satは当店で、豊田隆博pianoと初共演です。
9/16 SunはイタリアンレストランにてNobuko utterback Trioと初共演です。
楽しみです!

 矢賀部 竜成 Live! 9月18日 19:30〜2012.8.1
矢賀部 竜成

1986年ヤマハ主催ポピュラーソングコンテスト通称「ポプコン」で小森田実&ALPHAのキーボードとしてグランプリ受賞。上京して音楽活動、その後 Chage and Aska、中島みゆき、徳永英明、Multimaxなどのツアー、レコーディングに参加。同時にアレンジャー、作曲家、音楽プロデューサーとしても活動開始。ライブは1000本を越える。
C&A、 ASKAソロのコンサートに関しては、オープニング、エンディングムービー用音楽(DVD用)を作曲(「THE LIVE」,「TWO FIVE」,「熱風」,「W」,「昭和が見ていたクリスマス」 etc)
1993年日本ゴールド ディスク大賞「インスト部門」受賞。
1998年、突然「田舎で曲作りをしたい」衝動に駆られ、ふるさと熊本に戻る。2005年6月「Radio Emission」という曲のためにALEXを結成。なんとなく国籍不明なそれでいて日本人独特の浪花節を持ち、クラシックの要素を取り入れ、不思議なfeel系Houseユニット、ジャンルに分けるとしたら「Electric Classical Feel」。
『ALEX』の 命名は、ASKA。
2005年愛地球博JAXA(宇宙航空研究開発)主催「JAXA宇宙の音楽キャンペーン」にてグランプリを獲得。(JAXAのイメージソングとなる)

○2007年7月コロムビアミュージックより「夜空から降る音」3部作アルバム発売。
○2008年4月コロムビアミュージックより熊本城築城400年記念アルバム「待宵」発売。
○2009年7月コロムビアミュージックより「ピーターラビット」歌:井上あずみ 
公式イメージアルバム発売。(2009年冬季ケンタッキーフライドチキンCM曲)
○ 2009年8月ロアッソ熊本イメージソング「HIKARI」歌:水前寺清子Music.jpより配信。

2008年5月 「熊本城築城400年祭グランドフィナーレ音楽祭」 音楽総監督兼出演
2008年6月 韓国「蔚山熊本虹の架け橋コンサート」 音楽総監督兼出演

バックボーンミュージック:ウィグアム(フィンランド)、アフロディティスチャイルド(ギリシャ)フォーカス(オランダ)etc北欧のPops,Rock全般、小さい秋見つけた、月の砂漠、ジャングル大帝、ひょっこりひょうたん島、熊本童謡/民謡etc

 Piano=中田由美 Sax=伊澤隆嗣  8月17日金曜日2012.7.14
1973年群馬県太田市生まれ。
1989年より、クラシックサックスを故前沢文敬氏に師事。
1996年 国立音楽大学サクソフォーン科卒業。在学中に、
JAZZに転向。
卒業後は、レコーディング、イベント、クラブ等で演奏を重
ねる。林文夫、岡崎好朗、城谷雄策、レイモンドマクモーリ
ン、NYのJAZZドラマーの田井中福司各氏などと共演を重
ねつつ、銀座でのストリートライブを10年以上に渡り続け、
様々のジャンルの演奏家、パフォーマーとの親睦を深める。
和太鼓の響道宴氏とのDUOは定期的に活動し、好評を博す。
2008年に渡米。2009年より尺八や津軽三味線、琵琶
などの和楽器とアフロビート融合させたバンド、ZIPANGの
メンバーとして活動する。
2012年、家族と共に熊本の阿蘇に移住。新たな音楽活動
が始まる。

 7月31日 Seiji Harakawa2012.6.28
熊本市出身。
15歳の時saxを始め、大学卒業後に地元のジャズクラブでライブ活動を開始する。
2005年〜2010年、ニューヨークに滞在。Iridium, Kitano Hotel, Garage, Cleopatra's Needle 等のジャズクラブに出演。
2010年秋に帰国し活動拠点を東京に移す。
2011年2月に小林陽一&Japanese Jazz Messengersのクインテット結成35周年ライブに出演、同年10月は横濱ジャズプロムナードに岡崎好朗スペシャルクインテットで出演。
帰国後、岡崎好朗(Tp)、菅野義孝(Gt)、バイソン片山(Dr)、小林陽一(Dr)、田鹿雅裕(Dr)、大坂昌彦(Dr)、安藤正則(Dr)、力武誠(Dr)らのライブに出演し、現在は自己のグループでの活動のほか、小林陽一&Japanese Jazz Messengersにレギュラーメンバーとして参加している。

 松本圭使+和田明 2013年3月29日金曜日2012.6.26
松本圭使-Piano
1984年、鹿児島県出身。 幼少よりピアノを始める。高校時代からバンド活動を開始。17歳でビルエバンスのピアノトリオを聞き衝撃を受けジャズに転向。田島良一氏に師事し、18歳から鹿児島のジャズクラブ、ライブハウスを中心にセミプロ活動を開始。その後ニューヨークへ渡り、Joel Weiskopf氏に師事。現在は、Jazz spot Lileth、music&cafe明日の地図でのレギュラー出演の他、自己のリーダートリオ、「松本圭使TRIO」をはじめ、「W-Piano」「小牧良平TRIO」「宮里陽太QUARTET」等、様々なグループで、鹿児島を拠点に九州各地や都内のライブハウス、イベントに出演している。2009年6月 W-piano 1st ALBUM CD「W-piano」をリリース。2010年2月 松本圭使TRIO 1st ALBUM CD「The Other Side Of It」をリリース。また、多田誠司 as、布川俊樹 gt、浜崎航 ts、坂本竜太 ba、荻原亮 gt、井上銘 gt、を始め、数多くの日本を代表するアーティストとも共演し、高い評価を得ている。

和田 明-Vocal
1988年、鹿児島県出身。
幼少の頃より音楽に親しみ、高校の頃よりバンド活動を開始。県内外で活躍し、
自主製作のCD1000枚を売り切る。
美術科に進学するも、ファンクやR&B等の黒人音楽に没頭。
2011年よりJazz vocalを、ジャズピアニスト・田島良一氏に師事。
昨年秋に開催された、鹿児島のジャズフェスティバル「SWEET POTATO JAM」
では田島良一、西田千穂、と共にラストを飾り高い評価を得た。
また最近では、松本圭使-PIANO、小牧良平-BASSと共に、九州ツアーも行い
活動の場を九州各地に広げている。
繊細かつ迫力も兼ね備えた甘い声、現在鹿児島では最も注目されているJazz
Singerである。

 矢賀部 竜成 Live! 8月28日19:30〜2012.5.7
矢賀部 竜成

1986年ヤマハ主催ポピュラーソングコンテスト通称「ポプコン」で小森田実&ALPHAのキーボードとしてグランプリ受賞。上京して音楽活動、その後 Chage and Aska、中島みゆき、徳永英明、Multimaxなどのツアー、レコーディングに参加。同時にアレンジャー、作曲家、音楽プロデューサーとしても活動開始。ライブは1000本を越える。
C&A、 ASKAソロのコンサートに関しては、オープニング、エンディングムービー用音楽(DVD用)を作曲(「THE LIVE」,「TWO FIVE」,「熱風」,「W」,「昭和が見ていたクリスマス」 etc)
1993年日本ゴールド ディスク大賞「インスト部門」受賞。
1998年、突然「田舎で曲作りをしたい」衝動に駆られ、ふるさと熊本に戻る。2005年6月「Radio Emission」という曲のためにALEXを結成。なんとなく国籍不明なそれでいて日本人独特の浪花節を持ち、クラシックの要素を取り入れ、不思議なfeel系Houseユニット、ジャンルに分けるとしたら「Electric Classical Feel」。
『ALEX』の 命名は、ASKA。
2005年愛地球博JAXA(宇宙航空研究開発)主催「JAXA宇宙の音楽キャンペーン」にてグランプリを獲得。(JAXAのイメージソングとなる)

○2007年7月コロムビアミュージックより「夜空から降る音」3部作アルバム発売。
○2008年4月コロムビアミュージックより熊本城築城400年記念アルバム「待宵」発売。
○2009年7月コロムビアミュージックより「ピーターラビット」歌:井上あずみ 
公式イメージアルバム発売。(2009年冬季ケンタッキーフライドチキンCM曲)
○ 2009年8月ロアッソ熊本イメージソング「HIKARI」歌:水前寺清子Music.jpより配信。

2008年5月 「熊本城築城400年祭グランドフィナーレ音楽祭」 音楽総監督兼出演
2008年6月 韓国「蔚山熊本虹の架け橋コンサート」 音楽総監督兼出演

バックボーンミュージック:ウィグアム(フィンランド)、アフロディティスチャイルド(ギリシャ)フォーカス(オランダ)etc北欧のPops,Rock全般、小さい秋見つけた、月の砂漠、ジャングル大帝、ひょっこりひょうたん島、熊本童謡/民謡etc

[編集]
CGI-design